メニュー

体験ダイビング

沖縄でダイビングにチャレンジ!青の洞窟ダイビング

【テツクルーズ沖縄】の体験ダイビングは青の洞窟だけではありません!

お魚いっぱいのキレイなサンゴ礁でのお楽しみの【餌づけタイム】や大興奮のダイビングシーンの【写真も動画も無料】その場でスマホにデータ転送!

余裕が出てきたら、自分で自由に泳ぐ事も可能です。

人生初!楽しいダイビングの思い出を作りましょう!

料金

格安青の洞窟体験ダイビング (ボート乗船料、写真動画データ無料、ダイビング器材一式、ガイド料、保険、飲み物沖縄特産さんぴん茶ペットボトル すべて込み)

☆大人気!1ダイブで慣れてきたら【2回のスペシャル体験ダイビング】お得な追加ダイブ¥6,000

集合場所

恩納村前兼久(マエガネク)漁港

前兼久漁港内ボート乗り場

集合時間

午前 8時20分 10時20分
午後 12時20分 14時20分

※ホテル送迎プランをご希望の方は、各ホテルによって料金、お迎え時間が異なります。予約時にホテル名をお伝えください。

【テツクルーズ沖縄】の体験ダイビングがおすすめの理由!

☆1日2組限定なので、沖縄滞在期間中に天気に合わせて開催日の変更が可能です。

※他のお客様と予約が重なってしまった場合は、第1希望のお客様を最優先させて頂きます。

☆初心者の方でも安心!説明から水中まで専属のインストラクターが担当しますので、心配なことや不安なことがありましたらいつでも聞いてください。体験ダイビング初めての方でも安心です!

☆青の洞窟までは専用ボートで移動します。真栄田岬集合のショップとは違い重いタンクを背負って100段の階段や岩場を歩くことはありません!

☆専属ガイドとボートツアーなので、8才のお子様から開催可能です!子供ダイビング詳しくはこちら!

☆貸切インストラクターなので、60歳61歳62歳63歳の方も開催しています!シニアダイビング詳しくはこちら!

青の洞窟までボートで快適 5分!爽快ボートクルージングをお楽しみください。

☆満足度100%!潜水時間は30分~40分のお得な体験ダイビング

☆大興奮120%!100匹以上のカラフルな熱帯魚に囲まれる【無料餌付け体験】

持ち物・服装

タオルと水着でOK!濡れても良いサンダルがおすすめです。水中はウェットスーツ(保温効果、日焼け防止、ケガの予防)を着用します。ウェットスーツを着用しますので、水着を洋服の下に着てきていただくと、着替えがスムーズです。 ダイビング後はボート乗り場の目の前に更衣室と水道があります。

支払い方法

ツアー代金は、開催日に現金にてお支払いお願いします。(クレジットカード不可)

青の洞窟以外のおすすめポイント

船酔いが心配な方には最適のビーチダイビングツアーをご用意しました。ちゅら海水族館近くの北部のポイント【ゴリラチョップ】です!波のない穏やか海で人生初!夢のダイビングデビュー実現しましょう! ゴリラチョップダイビング詳細ゴリラチョップダイビング詳細

青の洞窟ツアーのキャンセル料金について

当日、お客様のご都合でのキャンセルは100%キャンセルチャージを頂戴いたします。予約がいっぱいになり次第ほかのお客様をお断りしている場合もございますのでご了承ください。 当日の朝、青の洞窟がある真栄田岬が波のある場合は、インストラクターと船長の判断で安全最優先で他のポイントへ変更する事があります。 自然相手ですのでご理解よろしくお願いいたします。
体調を崩してしまった、天気が悪いから、時間に間に合わないなど、事情を教えてください。日程や時間の変更が可能な場合はできる限り対応させて頂きます。 ご連絡は前日に早めに頂けると助かります。

参加条件

8才~59才までの健康な方
8才、9才、10才、11才のお子様は子供体験ダイビングになります。
子供ダイビング詳しくはこちら!
60歳、61歳、62歳、63歳までの健康な方
60歳、61歳、62歳、63歳の方はシニア体験ダイビングになります。
シニアダイビング詳しくはこちら!
お申込み時に健康状態や過去の病歴についてお聞きする事がございますが、健康状態や過去の病気によっては医師の診断書が必要となる場合がございます。 ご予約の内容によっては診断書がないとお申込をお断りする場合がございますので、特に心臓・循環器系(高血圧)・呼吸器官・耳鼻咽喉・意識障害等の病歴がある方や、 現在治療中の方は、お申込の前に必ずご相談下さい。 インストラクターがご心配な点などお伺いいたしますので、お気軽にご相談下さい。

ご予約・お問い合わせ

沖縄青の洞窟予約 沖縄青の洞窟予約フォーム
インストラクター直通予約ダイヤル:090-7178-9605(受付時間 7時~23時)インストラクター直通ダイヤルです。空状況の確認や質問だけでもお気軽にお電話ください。
貸切ガイド

1日2組限定!貸切専属ガイド!初心者の方でも安心して体験出来ます。ダイビングインストラクター暦15年の代表鈴木が担当します。
今まで泳ぎが苦手でダイビング・シュノーケリングをあきらめていた方はこの機会に南国沖縄で体験してみませんか?
滞在期間中に天気が良い日にスライド変更が可能です!第2希望日のご予定がありまたら、ご予約時にお伝えください。

沖縄旅行の日程が決まりましたら、1日2組限定ツアーですので、空き状況の確認だけでもお早めにご相談ください。 

沖縄青の洞窟とは?

沖縄青の洞窟とは?

沖縄青の洞窟とは?

青の洞窟は、半没状態の海に面した洞窟で奥行きは30メートルくらい。入り口から太陽光が差し込み、透明度の高い海水を通過して海底で反射した光が暗い洞窟内の海水面から抜け、 それが海底からライトアップされたような効果になります。美しい光景から沖縄青の洞窟は人気のポイントで、体験ダイビングやシュノーケリングで中に入れます。

沖縄青の洞窟場所は?

沖縄青の洞窟場所

沖縄青の洞窟場所は、沖縄本島の空港から約1時間の恩納村真栄田岬にあります。1番人気があるダイビングスポットです。 青の洞窟は崖の下にあり、単独での遊泳には危険も伴うため、地形を熟知したダイビングショップが安心です。

青の洞窟に行く方法は?

1.真栄田岬集合ダイビングショップ。真栄田岬のとても長い階段を下りて、そこから約500m~600m岩場の海岸線を泳ぐか歩いて行きます。
2.ダイビングショップのボート(船)で行く。多少料金は高くなりますが、体力的に不安、移動を楽にしたい方にオススメです。

沖縄青の洞窟行く方法は?

沖縄青の洞窟体験ダイビング・沖縄青の洞窟シュノーケリングツアー

沖縄青の洞窟体験ダイビング・沖縄青の洞窟シュノーケリングは快適!爽快!ボートツアーが人気!

【テツクルーズ沖縄】では青の洞窟メニューをボートでご案内!

ボートで行く!沖縄青の洞窟ツアー詳細

沖縄青の洞窟子供

沖縄青の洞窟は子供でもたくさんのお魚に出会えます。5歳から開催しています。

沖縄青の洞窟シュノーケル

沖縄青の洞窟シュノーケルは沖縄一番人気のメニューです。沖縄にお越しの際はぜひ!

沖縄青の洞窟ツアー

沖縄青の洞窟ツアーはダイビングやシュノーケルでみんなで楽しめます。

沖縄青の洞窟雨

みなさんが心配している沖縄青の洞窟雨ですが、青の洞窟内は雨でも問題なしです。波の高さが一番の問題になります。

沖縄青の洞窟天気

沖縄青の洞窟天気は変わりやすく、突然のスコールは当たり前ですね。

沖縄旅行のベストシーズンを狙うには?! 沖縄のベストシーズンについて沖縄旅行に行く人は、誰もが沖縄青の洞窟の快晴の海を見がみたいですよね。 でも、雨が降ったり曇ったり台風が発生したりしたら青い海を楽しむ事は出来なくなります。 しかし、天気予報ですら当たらないのに、晴れを狙って沖縄旅行に行くなんて元から不可能に近いんです。 でも、過去の天気から気候を読み、少しでも晴れる確率が高い沖縄旅行のベストシーズンに旅行が出来れば、沖縄青の洞窟で青い海を見れる確率が上がると思いませんか? 自分自身の過去の経験から晴れる確率の高い季節と、荒れる確率の高い季節を紹介したいと思います。 ずばり沖縄旅行で沖縄青の洞窟のベストは梅雨明けから2、3週間の間です。 梅雨明け梅雨が明けてからの約10日間は雨が降る事が少なく、晴れる事が多い事を言います。 [沖縄の過去の梅雨明け参考資料] 西 暦 梅雨入り 梅雨明け 2016年 5月16日 6月16日 2017年 5月13日 6月22日 平 均 5月09日 6月23日 6月最終週から7月第1週が沖縄旅行のベストシーズンだと思います。 梅雨明け直後は梅雨前線の雨雲が残り大雨が降る事が多いので、梅雨明けギリギリの6月下旬を狙うより、7月上旬がベストだと思います。 しかし、「梅雨明け=台風シーズン」でもあるので、大きな心配事がある季節でもあるんです。 一番安く沖縄に行けるのは何月? 一番安い旅費で沖縄に行けるのは1月と2月です。2月は二月風廻と言われる低気圧が発生し台風並みに荒れる事があります。

沖縄青の洞窟ダイビングでキレイな時間帯は?

キレイな時間帯はやはり朝が一番ですね。しかし、季節の影響で夏と冬でも水温でも水の透明度でも時間でもいろんな条件によって青さは変わってきます。 夏場の青の洞窟(7~9月)は人の混雑を考慮して青の洞窟ツアーを楽しみましょう。 沖縄青の洞窟をダイビングやシュノーケルでに楽しむ為には、海の当日のコンディションが一番のポイントです。 時間帯によっても青の洞窟の「青さ」は変わってきますが、人の混雑を避けて朝一のツアーもねらい目です。 観光で沖縄に来る皆様が青の洞窟ツアーを計画通りに楽しめるように、青の洞窟ツアーのおすすめの時間帯を人の混雑具合と青の洞窟の青色をご説明いたします。 1年で最も青の洞窟が混み合う時期は、夏休みに入る7月20日~9月までです。 さらに3月の卒業旅行シーズンやゴールデンウイークもかなりの混雑が予想されます。それ以外の時期はさほど混み合うことも無く、どの時間帯も比較的混雑なしで青の洞窟ツアーを楽しむことができます。 そこで夏の7月~9月に青の洞窟ツアーを計画されていらっしゃる方のご参考になればと思います。

沖縄青の洞窟ダイビングで一番込み合う時間帯は?

青の洞窟が一番混み合う時間帯は「10時から」の集合プランです。特に夏休みは大変な賑わいです。 その理由としては、大体の皆様がホテルでゆっくり朝食をとられた後から青の洞窟ツアーに参加されますので、11時からの青の洞窟ツアーは大変な込み具合となります。

沖縄青の洞窟ダイビングで二番目に込み合う時間帯は?

2番目に混み合う時間帯は「13時から」の集合プランです。午前中ゆっくりされた方が昼食後に青の洞窟ツアーを楽しむケースが多いです。

沖縄青の洞窟ダイビングでオススメの時間帯は?

一番オススメとなる時間帯は「8時から」の集合プランと「14時から」の集合プランです。 朝一「8時集合プラン」は朝の陽の光が直接青の洞窟内に差し込み、まだ濁りがない透明度が1日の中で最高の青の洞窟を楽しめます。 続いて「14時集合プラン」の時間帯は、皆様も昼食時間に当たり、1日の中で2番目に空いている状態となります。 午後の青の洞窟の時間帯でも、沖縄の日没時間は7時30分~8時頃なので、 まだまだ明るくて、十分きれいな青の洞窟を楽しむことができます。 時間帯による青の洞窟の海の色 ✲7~10時→エメラルドグリーン ✲11~14時→ブル― ✲15~16時→濃いブルー しかし、天気が良ければ、太陽光線が青の洞窟に差し込む光は最高にきれいです。 時間帯により色は変化しますが、天気が一番のポイントになります。 是非、沖縄青の洞窟ダイビングツアー参加のご参考にして、思い出に残る青の洞窟にしてください。

沖縄青の洞窟ダイビング予約は?

予約はメールかお電話でお待ちしています。

沖縄青の洞窟ダイビング格安は?

格安7500円

沖縄青の洞窟ダイビング送迎

ホテル送迎も開催してます。

沖縄青の洞窟体験ダイビングとは?

青色の輝きが洞窟内を包み込む景色は一言では言い表せない程、神秘的な世界が目の前に広がります。そんな夢のようなスポットでダイビングライセンス不要!の体験ダイビングが出来ます。

沖縄青の洞窟とは?

青の洞窟は、断崖絶壁に開いた入り口から内部に入ると、青色の輝きがくらい洞窟内を包み込むので、なんとも言い表せない神秘的な空間が広がります。地盤沈下により洞窟が海面下へ沈み、太陽光が石灰を多く含んだ白い海底に反射することで、海が青く見えます。

沖縄青の洞窟ってなぜキレイ?

太陽の光は水に入ると吸収されますが、青色が他の七色より波長が長いので、海が青く見えます。その青色が石灰質の白い海底に反射して洞窟内の天井を照らすので、神秘的な青い光となって、洞窟内を輝かすことが出来るそうです。自然が創り出す世界は奥が深いんです。

沖縄青の洞窟は雨や台風の時でも大丈夫?

沖縄は特に雨や台風が多く、梅雨時期になると特に不安定な天候が続きます。青の洞窟は雨の日でも問題ありません。洞窟内は波は少ないので、海が荒れていない限りは楽しめるケースが多いです。多少の雨は大丈夫ですが、台風になると、青の洞窟はクローズになってしまいます。

沖縄青の洞窟の地形は?

青の洞窟内は、一般的な海の地形と異なり、岩場です。青の洞窟内は穏やかなので、水面が青く透き通ったエメラルドグリーンの海がキラキラ輝いて見えます。非日常的な雰囲気を味わうことが出来る幻想的な空間が広がります。

体験ダイビングとは?

体験ダイビングはライセンスは一切必要ありません。初心者でも老若男女問わず楽しむことが出来るマリンスポーツとして人気があります。シュノーケリングをしてみたけど、もう少し海を満喫したい!という方にはとてもおすすめです。

ビーチダイビング

水深の浅い場所から徐々に水に慣れることが出来るので、ダイビング初心者や泳ぐのが苦手という方におすすめです。浅いところで基本練習をしてから海に行くことができるので、自信がないという方にもビーチダイビングを勧めます。耳抜きが下手、やり方が分からないという方は、耳抜きの方法を学びながら海に入ることが出来きます。

ボートダイビング

ボートで移動するので、本格的に海を楽しみたい!という方には特におすすめです。水深も深いダイビングスポットが多いので、浅瀬では見ることの出来ない魚たちに出会えるかもしれません。ボートに乗ってダイビングスポットまで移動するので、クルージング気分を味わえる反面、船酔いや波酔いする可能性があります。乗り物酔いしやすい方には少し心配してしまう要素かもしれません。船酔いの薬を飲んだりと対策が必要です。

ダイビングだからこそ出会える魚たち

【ウミガメ】 ウミガメを見るなら産卵期の5月~8月にかけてがベストシーズンです。 【カクレクマノミ】 ファインディングニモの映画でとてもメジャーなお魚になりました。イソギンチャクの間から顔を覗かせる人気アイドルのニモは、水深1m~20mのサンゴ礁域でハタゴイソギンチャクやタマイタダキイソギンチャク等の大型のイソギンチャクと共生しています。イソギンチャクから離れて泳ぐことはさほどないので、大型イソギンチャクを見つける=カクレクマノミがいるという可能性が高いかもしれません。 【マンタ】 沖縄・石垣島に多く生息していて、海の王様と呼ばれています。ダイバーの憧れとして愛されています。マンタを思い出して下さい。その泳ぎはしなやかでとても優美だったのではないでしょうか。人懐っこく好奇心旺盛なので、ダイバーが近くに来ても逃げずに海面を浮遊していることが多いです。サメのように怖い!逃げないと!という恐怖心も抱くこともないので、安心して泳ぐことが出来ますよね。シーズンは特になく、沖縄では1年を通してマンタに会える可能性は充分あります。マンタは温かいサンゴ礁の海に生息しています。

ダイビングに必要な装備は?

ダイビングには基本器材5点が必要です。まず1つ目はスキューバダイビング用「マスク」です。2つ目は「フィン」です。フィンは足ひれとも呼びますが、楽に水中を泳ぐためには必須アイテムです。海はプールと違って、波や潮の満ち引きがあるので、前に進むためにもとても体力を消耗します。普段、プールを泳いでいて得意という方も海では少し苦手という方もいますし、体力に自信がないという方は尚更、フィンが大活躍します。 3つ目はスキューバダイビング用ジャケットの「BCD(ビーシーディー)」です。Buoyancy Control Device(浮力・コントロール・装置)の略でライフジャケットのような浮力を調整する器材です。4つ目は「レギュレーター」です。スキューバダイビングをする時の肝になる呼吸をするための器材です。海中で呼吸し続けるためには必須アイテムです。最後の5つ目は、「ウエットスーツ」です。ウエットスーツは着るだけで誰でも海の中で浮くことが出来ますし、ウエットスーツを着るだけでどのシーズンでもスキューバダイビングが可能になります。水温が低い寒い冬の海でも暑い夏の海でも楽しむことが出来ます.

Top

Copyright © 2009-2018 沖縄青の洞窟 テツクルーズ沖縄 ALL Rights Reserved.【テツクルーズ沖縄】

Top